Fizz Buzz Fizz Buzz
Elementary
juggler

"Fizz buzz"は言葉遊びです。ロボットに割り算を教えるのに使うことになるでしょう。コンピュータを学びましょう。

正の整数を受け取り、次の値を返す関数を書きましょう:
"Fizz Buzz" 受け取った数が3または5で割り切れるとき;
"Fizz" 受け取った数が3で割り切れるとき;
"Buzz" 受け取った数が5で割り切れるとき;
それ以外の場合、受け取った数 の文字列

... 数字(整数)

答え(文字列)

checkio(15) == "Fizz Buzz"
checkio(6) == "Fizz"
checkio(5) == "Buzz"
checkio(7) == "7"

    

ここであなたはもっとも単純な関数の書き方とif-elseステートメントの使い方を学ぶことができます。

0 < number ≤ 1000

You should be an authorized user in order to see the full description and start solving this mission.