ADFGVX Cipher ADFGVX Cipher
Challenging
EN ES Japanese RU

ADFGVX暗号はドイツ軍が第一次世界大戦中に西部前線で使用した暗号です。
ADFGVXは実際にはADFGXという前身の暗号の拡張でした。
フリッツ・ナベル大佐により発明され、1918年3月から使われ始めました。
この暗号は分画転置暗号であり、ポリュビオスの暗号表と列転置が組み合わされています。
この暗号は暗号文で使われる6つの文字、A、D、F、G、V、Xから名付けられました。
これらの文字はモールス暗号で互いに大きく異なっていることから選ばれました。
無線通信士の誤りを抑えるためという意図がありました。

この暗号がどのように働くのか例を使って調べてみましょう。
我々のメッセージは "I am going." です。まず、これを "iamgoing" のように前処理します。
英小文字と数字のみを残します。全ての他の文字は捨てられます。
続いてadfgvxテーブルを鍵(換字表鍵) "dhxmu4p3j6aoibzv9w1n70qkfslyc8tr5e2g" で作成します。

\  A D F G V X
 \------------
A| d h x m u 4
D| p 3 j 6 a o
F| i b z v 9 w
G| 1 n 7 0 q k
V| f s l y c 8
X| t r 5 e 2 g

この正方形を使うと、メッセージは次のように分画されます:

i  a  m  g  o  i  n  g
FA DV AG XX DX FA GD XX

続いて、鍵(鍵文字)を使った転置表を作ります。ここでは 'cipher' を使います。
もし鍵の中に文字の重複があったら、最初のものを使います。"checkio" は "chekio" となります。

c i p h e r
-----------
F A D V A G
X X D X F A
G D X X

列はアルファベット順に並び替えられ、表は新しい形態になります。

c e...
You should be an authorized user in order to see the full description and start solving this mission.